はりきゅう(鍼灸)院 歩(あゆみ)|大阪市住吉区・住之江区の鍼灸・整体・スポーツコンディショニング

足の痛みと身体の健康サポート
鍼灸・整体・スポーツコンディショニング

ブログ

大阪市で頭痛でお困りの方 梅雨時期のジメジメ解消!ツボ3選!

頭痛
大阪市住吉区・住之江区の鍼灸院・整体「はりきゅう院 歩(あゆみ)」です。

この時期、毎日湿度の高い中で生活をしていますね。
気圧の変化で頭痛に悩まされている人は多いです。
実際に、当院でもご相談は多いです。

この時期、気圧の変化で頭痛に悩まされている方に
おすすめのツボ押し3選をご紹介いたします!
是非、ご覧くださいね。

①太陽(たいよう)
こめかみにあるツボです。
目尻と眉尻の交差する所にあります。
太陽

②百会(ひゃくえ)
頭の上、てっぺんにあるツボです。
耳を後ろから前に折り曲げ、耳の頂点から交差した所にあります。
百会

③風池
後頭部の髪の毛の生え際にあります。
首のうなじを下からなぞり、止まる所にあります。
風池

※注意:全てのツボは思い切り押えないようにしましょう。
    深呼吸しながら行ってください。

頭周りの血流を良くすることで、
脳への血流量を増やし、酸素も巡らすようにすると
頭痛も和ぎます。

この時期のジメジメとしっかりと付き合い
乗り切りましょう!!

是非、やってみて下さい。

こちらもご覧ください

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー
2020年07月07日 12:01

このようにお悩みではありませんか?│足のむくみでお困りの方へ

パソコン女子
大阪市住吉区の【鍼灸院】 はりきゅう院 歩(あゆみ)です。

今日は「足のむくみ・冷え」でお困りで
当院に通院されている方の症状例です。

当院に初めて来られた時は
「足のむくみ」・「外反母趾」・「腰痛」・「肩こり」が
気になるということでご来院されました。

20代女性で
事務職をやられていて、長時間パソコンに向かい
座っていることが多く、姿勢も猫背でした。
典型的なOLの方でした。

まず初めに、今ある症状の中で
ご本人が一番気になるのは
「足のむくみ」でしたので
そこに、集中して施術を行いました。

まずは、足の骨格(アライメント)を調整しました。
施術をする前に、踵の向きが内くるぶしの方に
傾いていました。傾くことにより
ふくらはぎの疲労が溜まり
血流を阻害してしまい、むくみに繋がります。
なので、まずはしっかりと足から調整をしました。
調整した後、さらに血流促進させる為に
お灸を乗せ、膝から下全体的に温めるようにしました。

足の調整やお灸を合わせて、施術を2~3回続け、
むくみも良くなってきていましたが、
レントゲンを撮る機会があったので
気になるところを撮ってもらうと、
肩こり(ストレートネックと診断)・腰痛(側弯と診断)の診断がつきました。

ご本人もショックを受け、言葉になっていませんでした。

再度、施術計画を立て直して
ご本人さんにも、納得頂いてから施術を開始し
姿勢を中心に見ていくことをお伝えしました。
姿勢では、足部の調整は変わらず行い、
骨盤調整やストレッチポールによる姿勢改善を行っています。

来られて、今現在5回目ですが
抱えてこられたお悩みは8~9割は解消されています。
ご本人さんも
「足のむくみや肩こりはほぼ感じなくなってきている」と
仰られていました。

このように
足のむくみや肩こりでお悩みの方は
是非ご相談ください。
お力になれます。

これからの季節
暑くてクーラーで
足元や肩・首まわりが
冷えやすくなりますので、ご注意を!

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー
2020年06月16日 16:17

コロナで自粛中のあなた! 変形性膝関節症にならないための予防方法

膝の痛み 女性
今現在、コロナ自粛が続いていますが、運動不足ならないようにウォーキングしたり、軽くランニングしたりしてる人も多いと思います。
その中でも、外に出るのが怖いという方がいるのも事実です。
中高年の方にとって、膝が痛くなることって、普段の日常生活でも気になるお悩みですよね~
 
「変形性膝関節症」は年齢とともに増えてくる膝の痛み。
そこで「変形性膝関節症」を取り上げ、進行を抑えて長期的に膝の健康を守る予防法などをご紹介します。ご覧くださいね!
 
・日常生活で耐えられるだけの筋力が必要ですので「筋力トレーニング」をご紹介します。
「変形性膝関節症」は発症すると少しずつ進行し、重症化すると膝関節が変形してO脚になり、歩くことが困難になります。膝の軟骨がすり減り過ぎると、手術が選択されます。
 
術後にスポーツ・ランニングや日常生活などでしゃがみ込む作業が楽になり、これらの治療法は、あくまでも重症化した場合の最終手段であり、何よりも大事なことは、発症したらできるだけ進行をくい止め、膝の軟骨のすり減る進行を防ぐことです。その予防法とされているのが「筋力トレーニング」です。
 
筋力のある人と弱い人を比べた時に、筋力の弱い人の方が変形性膝関節症になりやすいことがわかっています。筋力の低下が発症に関係しているということもあり、症状の緩和や予防に「筋力トレーニング」が重要視されています。
 
筋力トレーニングした後は、股関節と足関節のゆがみを修正して、悪循環を断ち切ろう!!
 
なぜ、股関節と足関節のゆがみがあるといけないのか?
それは、股関節と足関節は膝関節に比べて、いろんな方向に動きます。
例えば、足首をぐるぐると回したり、股関節も同じで大きく外や内に回すことが出来ます。
 
しかし、膝関節に関してはどうでしょうか?
股関節と足関節の間に挟まれています。あまり自由の利かない関節になるので、安定させる事が重要になります。


 
「変形性膝関節症」は、安静時はほとんど痛みがなく、動いたり、歩いたりすると痛みます。そのため、発症すると身体活動が低下しますが、痛いからといって体を動かさないと膝周りの筋肉が落ちてしまいます。
膝周りの筋肉は関節を動かしたり、安定させたりする働きをしています。
筋力が低下すると膝関節は荷重を受けやすくなり、さらに病状が進む悪循環に陥るため、痛いときこそ筋力訓練が必要です。
 
 
筋力トレーニングというと、わざわざ階段の多い場所に行って上り下りをする人がいますが、この方法はかえって膝の具合を悪化させます。階段の下りはとくに膝関節に体重がかかるので、無理は避けてエレベーターやエスカレーターを利用しましょう。
また、膝の軟骨は内側と外側にあり、脚がまっすぐな状態のときは内側と外側の両方に均等に体重がかかっています。ところが、O脚に変形した膝関節では、内側により多くの荷重がかかるので内側の軟骨ばかりがすり減ります。そのため、靴のインソール(中敷き)で荷重のバランスを調整するのも有効な対処法です。膝軟骨にかかるストレスを軽減して、進行を遅らせます。

筋力トレーニング以外にも対処できることがあります。
・ゴルフボールでの足裏コロコロ
・青竹踏み(プラスチックのものはおすすめしません)
・テニスボールを膝裏に挟み、曲げ伸ばしをする    などなど
 
 
ご覧いただいて、ありがとうございます。いかがでしたか?
 
様々な予防方法がありますが、全てやれば確かに体には良いですが、あなたの体に合った予防法を選択していただいて、毎日でも続けられるようにしましょう!!
 
膝でお悩みの方はこちらをご覧ください。
まずは御相談ください!!
 
宜しくお願いいたしますm(__)m

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー


 
2020年05月22日 15:28

コロナ自粛生活での変化

ウォーキング
大阪市住吉区上住吉で鍼灸院をやっている
はりきゅう院 歩(あゆみ)の
代表 福家です。

皆さん、コロナ自粛生活はいかがでしょうか?
仕事が休業したり、ご自宅でのリモート作業であったり
今までの生活が180度も変わった方もいると思います。

今までの生活が変わると、当然のように行動範囲も変わってきます。

行動範囲が変わると、体への変化も出ます。

普段通りに、家を出て、歩きや自転車、車などで出勤・通学していたのが
突然なくなるわけですから、エネルギーの消費量も減ります。
お家でじっとしているわけなので、体の代謝も悪くなります。

そうしているうちに生活リズムも変わり、寝る時間が遅くなったり
出かけることがなくなってので、パソコンに向かう時間が今まで以上に増えたり
スマホを見る時間が増えたりと、生活が変わると体の不調も出やすくなります。

こう考えていくと、生活リズムや環境って大事ですよねー!

・適度な運動(激しくない運動)
・睡眠(早寝早起き)
・バランスの取れた食事
・体をリラックスさせるストレッチ
・さらにリラックスさせるアロマ    など

今まで当たり前にやっていた生活が一変すると
イライラしたり、落ち込んだり、時間があるだけに
色んなことを考えがちです。


そこで、自粛生活での疲れをメンテナンスするために

・足にお悩みや不安を抱えている
(冷え・むくみ、腰や膝の痛みなど)
・いつも体調がすっきりしない
・大人数の中で、トレーニングするのではなく
 自分の体に合ったコンディショニングがしたい
・楽しみのゴルフを長く続けたい      などなど

今、体にとって何が出来るかだと思います!

この時期だからこそ、出来ることがたくさんあります。

初めて鍼灸院に行こうと思われてる方・コロナ自粛中のご来院をご心配の方
まずは、ご相談だけでも結構です。
感染予防として、体温測定・常時マスク着用の対応・手指消毒
定期的な換気の徹底。
予約制なので、人との接触は防げます。3密の心配は不要です。

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー






 
2020年05月18日 09:42

ゴルフの技術によって、ケガは変わる

ゴルフ
「ゴルフ」は競技でもあり、家族や仲間とのコミュニケーションや
何より、年齢性別問わず多くの方々が楽しむことが出来るスポーツです。
ゴルフ=「生涯スポーツ」です。
 
ゴルフの経験レベルによって、ケガをする所は変わる。
 
 
経験年数が長い方は技術もそうですが
スコアアップの為に練習量を重ねます。
コンペなどを控えているとより練習量が増えていき
体全体的な疲労が蓄積します。
色々な事を考えながら、練習をするので
いつの間にか、練習時間が長くなり
オーバーユース(使いすぎ)になります。

 
一方で、経験年数が短い方は色々な所に気を付けることが多いです。
技術のある方と違い、体の使い方やフォームが定まらないので
色々な所に力が入ってしまい体を痛めやすいです。
特に手首や肘、腰に負担がかかり、一時的な炎症になります。


どちらの方にも、言えることはオーバーユーズ(使いすぎ)による
体の痛みです!
 
 
ゴルフする前・した後も体をケアし、整えておくこと。
長く続けるためには、ケガを未然に防いでおくことが大切です!


当院では
・ゴルフする前・した後の体のケア
・ゴルフでケガをしない為の体作り
・負担のかかりやすい所へのストレッチやトレーニング
・体の不調や動きなど鍼灸師から見る視点
などを合わせながら、お伝えしていきます!


【ゴルフ】 × 【鍼灸】

~ 私の想い ~

一生涯、
楽しんでゴルフを出来るように全力でサポートします!
 

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー
2020年04月23日 12:47

3月19日 開院いたしました!

大阪市住吉区上住吉で
はりきゅう院 歩(あゆみ)を開院いたしました。
代表の福家(ふくや)です。

これから色々な情報を載せていきます!
役立つ情報がありましたら、ぜひ見てください。

初めに
はりきゅう院 歩(あゆみ)が大切にしていること(コンセプト)を
お伝えします。

当院は、毎日、家事・仕事・ウォーキングを頑張っている女性の方、
スポーツや勉強を頑張っている学生さん、
1日1日を大切に過ごしておられるシニアの方が、
当院の鍼灸施術やボディケア(整体)により、正しく立ち、正しく歩け、
お体や心がケアされ、毎日楽しく、笑顔で過ごせるようになる鍼灸院を目指しています!

老若男女の方々に愛され、地域の方々にも愛される院を目指します!

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー


 
2020年04月06日 16:38

院内の様子をご覧頂きます!

施術室
大阪市住吉区上住吉で
はりきゅう院 歩(あゆみ)代表の福家(ふくや)です。

これから色々な情報を載せていきます!
役立つ情報がありましたら、ぜひ見てください。

3月19日にオープンさせて頂きました。
院内は落ち着いた雰囲気で、来て頂いた方に少しでもリラックスして頂ける
院内にしております。

このようなコロナで外出自粛の状況ですが、営業しております。
しっかり換気を行い、ご来院頂いた方には手指消毒のご協力、マスク着用。
私もマスク着用して、対応しております。

3密を徹底し、ご予約を取って頂いて対応しています!
ご協力よろしくお願いいたします。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。
ホームページ特典 ブログ用

LINE バナー  ブログ用

お問い合わせ バー_コピー
 
2020年04月06日 16:38

はりきゅう院 歩のホームページを開設いたしました。

2020年3月吉日
はりきゅう院 歩のホームページを開設いたしました。
身体の不調でお困りの皆様のお力になれるよう誠心誠意施術を行ってまいります。

よろしくお願いいたします。
 
2020年03月19日 18:00
はりきゅう院 歩(あゆみ)
店舗名
はりきゅう院 歩(あゆみ)
電話番号
080-6620-7154
営業時間
平日 9:00〜20:00
土・日・祝 9:00~15:00
定休日
不定休

モバイルサイト

はりきゅう院 歩(あゆみ)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら