〒558-0046 大阪府大阪市住吉区上住吉1丁目1−26
平日 9時〜20時 土日祝 9時~15時 不定休

オスグッド

膝の痛みのはりきゅう・整体

オスグッド・シュラッター病とは、成長期の子どもに多く見られる膝の病気です。膝の下部にある脛骨結節という骨が、走ったりジャンプしたりするスポーツをしすぎることで炎症を起こし、痛みや腫れを引き起こします。

この病気は、思春期の成長スパートに伴って骨が急激に伸びる時期に発生しやすく、特に男の子に多いです。オスグッド・シュラッター病は、自然に治癒する一過性の病気ですが、スポーツを続けると症状が悪化する可能性があります。そのため、早めに運動を休止し、膝に負荷をかけないようにすることが大切です。

このページでは、オスグッド・シュラッター病の原因や症状、診断や治療法などについて詳しく解説します。あなたのお子さんがこの病気になってしまった場合の対処法もご紹介します。オスグッド・シュラッター病について知りたい方は、ぜひお読みください。

このようなお悩みはありませんか?

☑ 膝が痛くてしゃがめない
☑ ボールを蹴ったりすると、膝が痛む
☑ ジャンプランニングすると膝のお皿の下が痛い
☑ 膝が痛くて、正座できない
☑ しゃがむ、立つなどの動作を繰り返すと膝が痛む

当院の施術お試し

「オスグッド」とは

オスグッド(オスグット、オスグッド病、オスグッド・シュラッター病 Osgood-Schlatter diseaseとも呼ばれる)は、膝の前面にある脛骨結節(けいこつけっせつ)が炎症を起こす疾患です。この疾患は、主に10代の若者に発症し、成長期における運動負荷が原因とされています。膝の痛みや腫れが主な症状で、通常は安静や運動制限により治癒しますが、重症化すると手術が必要な場合もあります。

発症年齢

オスグッド・シュラッター病は、主に10代の若者に発症します。男性の場合は12歳から15歳、女性の場合は8歳から12歳が最も発症しやすい年齢です。

運動との関係

オスグッド・シュラッター病は、成長期における運動負荷が原因とされています。特に、ジャンプや走り込みなどの激しい運動を行うスポーツ選手に多く見られます。

時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。
発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴で、ジャンプやボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。

症状

オスグッド・シュラッター病の主な症状は、膝の前面にある脛骨結節の痛みや腫れです。運動後や夜間に痛みが強くなることもあります。また、膝を曲げ伸ばしする際にも痛みが生じることがあります。膝のお皿の下についている筋肉の付着部が徐々に突出してきて、痛みが出ます。

「オスグッド」の症状

オスグッド・シュラッター病の主な症状は、膝の前面にある脛骨結節の痛みや腫れです。運動後や夜間に痛みが強くなることもあります。また、膝を曲げ伸ばしする際にも痛みが生じることがあります。

痛みの程度

オスグッド・シュラッター病の痛みは、個人差があります。軽い場合は、運動後に少し痛む程度ですが、重い場合は、歩行困難なほどの激しい痛みが生じることもあります。

腫れ

オスグッド・シュラッター病では、膝の前面にある脛骨結節が腫れることがあります。腫れは、痛みと同様に個人差があります。

運動後の症状

オスグッド・シュラッター病では、運動後に症状が悪化することがあります。特に、ジャンプや走り込みなどの激しい運動を行った後に、痛みや腫れが強くなることがあります。

「オスグッド」の原因

オスグッド・シュラッター病は、成長期における運動負荷が原因とされています。特に、ジャンプや走り込みなどの激しい運動を行うスポーツ選手に多く見られます。

成長期の運動負荷

成長期における運動負荷が、オスグッド・シュラッター病の原因とされています。膝関節周囲の筋肉や靭帯が発達していないため、激しい運動により膝関節に負担がかかり、脛骨結節が炎症を起こすことがあります。

スポーツ選手

オスグッド・シュラッター病は、特にスポーツ選手に多く見られます。ジャンプや走り込みなどの激しい運動を行うスポーツ選手は、膝関節に大きな負担がかかるため、発症しやすいとされています。

個人差

オスグッド・シュラッター病の発症には、個人差があります。同じような運動負荷を受けても、発症する人としない人がいます。これは、個人差があるためです。

オスグッドになる詳細な原因

オスグッド

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して筋肉の付着部を牽引するために、筋肉の付着部の成長線に過剰な負荷がかかり、膝に痛みが発生します。

足裏の異常の実態

成人女性の80%に、外反母趾、浮き指、扁平足など足裏の異常がある

・小・中学生の子供の60%にも、足裏の異常!

・最近では、男性にも急増中!

「オスグッド」の治療法

オスグッド・シュラッター病の治療法として、主に安静や運動制限が行われます。重症化すると手術が必要な場合もあります。

安静

オスグッド・シュラッター病の治療法として、まず安静が行われます。膝関節に負担がかからないように、激しい運動を控えることが重要です。

運動制限

オスグッド・シュラッター病の治療法として、運動制限が行われることがあります。激しい運動を控えるだけでなく、膝関節に負担がかからないように、適切な運動プログラムが指導されることがあります。

手術

オスグッド・シュラッター病が重症化すると、手術が必要な場合もあります。手術は、脛骨結節の一部を切除することで、痛みを軽減することができます。

「オスグッド」で受診すべき医師や専門科

オスグッド・シュラッター病の場合、整形外科医やリハビリテーション科医に受診することができます。また、スポーツ医学に詳しい医師にも相談することができます。

整形外科医

オスグッド・シュラッター病の場合、整形外科医に受診することができます。整形外科医は、骨や関節、筋肉などの疾患に対する診断や治療ができる医師です。

リハビリテーション科医

オスグッド・シュラッター病の場合、リハビリテーション科医に受診することができます。リハビリテーション科医は、運動機能の障害に対する診断や治療ができる医師です。

スポーツ医学の専門家

オスグッド・シュラッター病は、運動負荷が原因とされているため、スポーツ医学に詳しい医師にも相談することができます。スポーツ医学の専門家は、運動による身体の変化や障害に対する診断や治療ができる医師です。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

オスグッドで病院や整骨院に行くと一般的な対処法として
・太ももの前のマッサージ
・電気療法
・シップ
というものがあります。
ですが、なかなかこれでは改善してないのが実情です。

では、なぜあなたのオスグッドは改善しないのでしょうか?

それは、重心が崩れているからです!
オスグッドになる、本当の原因は日常生活の癖や内臓の疲労が関係しています。

オスグッド

鍼灸や整体で「オスグッド」を改善

鍼灸整体は、オスグッド・シュラッター病の症状を改善することができる治療法の1つです。鍼灸や整体により、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

鍼灸

鍼灸は、オスグッド・シュラッター病の症状を改善することができる治療法の1つです。鍼灸により、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。また、鍼灸は、痛みを軽減する効果もあります。

整体

整体も、オスグッド・シュラッター病の症状を改善することができる治療法の1つです。整体により、筋肉のバランスを整えることができます。また、整体は、姿勢の改善にも効果があります。

注意点

鍼灸や整体は、オスグッド・シュラッター病の治療法の1つですが、必ずしも効果があるとは限りません。治療法は個人差がありますので、医師や専門家に相談してください。

大阪で「オスグッド」を治すなら「はりきゅう院 歩」

大阪には、オスグッド・シュラッター病の治療ができる鍼灸・整体院がたくさんあります。その中でも、「はりきゅう院 歩」は、オスグッド・シュラッター病の治療に定評があります。

「はりきゅう院 歩」の特徴

「はりきゅう院 歩」は、大阪市内にある鍼灸・整体院です。同院では、オスグッド・シュラッター病の治療に力を入れており、多くの患者さんが改善されています。

鍼灸や整体での治療

「はりきゅう院 歩」では、鍼灸や整体を用いた治療が行われます。鍼灸や整体により、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。また、鍼灸や整体は、痛みを軽減する効果もあります。

健康なカラダを手に入れる

本当に辛い症状を治したい!と思う方への当院の4STEP

STEP1  足のゆがみ・アーチ(土踏まず)を整える
     ⇒体の土台(足元)を安定させるために、足のゆがみやアーチ(土踏まず)を整える

STEP2  体のゆがみ(骨盤)や内臓を整える
     ⇒体の大黒柱(背骨や骨盤)や内臓の圧迫などを防ぎ、自律神経を整える

STEP3  姿勢や歩行を安定させる
           ⇒日常生活がスムーズにいくように、姿勢や歩行を安定させる

STEP4  再発しないように予防する
     ⇒元の状態に戻らないようにトレーニングを行い、再発予防に努める

なぜ、はりきゅう院歩の鍼灸・整体であなたのオスグッドが良くなるのか?

根本原因

はりきゅう院 歩では様々な角度から検査を行い
「身体のゆがみ」「重心のズレ」「足圧分布」 「歩行」をチェックし、
あなたの「オスグッド」を引き起こしている「重心の崩れ」や「姿勢の崩れ」の原因を
足圧分布や姿勢や歩行を視覚的画像で確認し、特定します。

当院ではこの「検査」と「カウンセリング」を重要視しており、
できる限り原因を絞るように時間をかけてあなたのお話しを伺い、
そして身体のあらゆる視点から原因を特定していきます。

さらに引き出したあらゆる原因に対しアプローチすることができる適切な刺激で
独自の整体法
で身体のゆがみなどはもちろん、足元から整え、
自然治癒力(自分の体が治そうとする力)も引き上げていきます。

「オスグッド」を自分で治す方法

オスグッド・シュラッター病は、自分で治すことができる場合があります。安静や運動制限、ストレッチなどが有効です。

安静

オスグッド・シュラッター病の場合、まず安静が重要です。膝関節に負担がかからないように、激しい運動を控えることが重要です。

運動制限

オスグッド・シュラッター病の場合、運動制限が有効です。激しい運動を控えるだけでなく、膝関節に負担がかからないように、適切な運動プログラムを行うことが重要です。

ストレッチ

オスグッド・シュラッター病の場合、ストレッチが有効です。膝関節周囲の筋肉をストレッチすることで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

注意点

オスグッド・シュラッター病は、自分で治すことができる場合がありますが、必ずしも効果があるとは限りません。治療法は個人差がありますので、医師や専門家に相談してください。

「オスグッド」についてよくある質問

「オスグッド・シュラッター病」とは何ですか?

オスグッド・シュラッター病は、膝の前面にある脛骨結節が炎症を起こす疾患です。この疾患は、主に10代の若者に発症し、成長期における運動負荷が原因とされています。

どのような症状がありますか?

オスグッド・シュラッター病の主な症状は、膝の前面にある脛骨結節の痛みや腫れです。運動後や夜間に痛みが強くなることもあります。また、膝を曲げ伸ばしする際にも痛みが生じることがあります。

どのような治療法がありますか?

オスグッド・シュラッター病の治療法として、主に安静や運動制限が行われます。重症化すると手術が必要な場合もあります。

鍼灸や整体で改善することはできますか?

鍼灸や整体は、オスグッド・シュラッター病の症状を改善することができる治療法の1つです。鍼灸や整体により、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

料金について

「はりきゅう院 歩」の各メニューの料金については、以下のページをご覧ください。

初回半額
料金

続きを見る

予約について

「はりきゅう院 歩」の各メニューのご予約については、以下のページをご覧ください。

はりきゅう院の予約
ご予約

続きを見る

2023年4月7日