はりきゅう(鍼灸)院 歩(あゆみ)|大阪市住吉区・住之江区の鍼灸・整体・スポーツコンディショニング

【足専門】の身体の健康サポート
鍼灸・整体・スポーツコンディショニング

月経前症候群(PMS)

PMS (1)

このようなお悩みはありませんか?

☑ 生理が始まる前にイライラする
☑ 生理前に体が重だるくなる
☑ 寝ても寝ても、眠たい
☑ 生理前になると、手足がむくんでくる
☑ 生理前にお肌の調子が悪くなってくる

 

もう悩まないで!
1つでも当てはまれば
当院にお任せ下さい!
オファー②
↑ここをクリックすると、ご予約できます!

月経前症候群(PMS)って・・・何??

⑧
月経前症候群(PMS)は、月経が開始する3~10日ほど前から身体的、精神的に不快な症状が現れます。
 

月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じるといわれていますが、月経前症候群(PMS)はその症状の程度が強い状態です。症状は軽度なものから、著しい気分変調によって日常生活に支障を来す重度なものまでさまざまです。


症状として
・身体的症状
 下腹部痛・頭痛・腰痛・乳房痛など


・精神的症状
イライラ感・抑うつ・不安・緊張感・易疲労感・不眠・無気力・判断力の低下

など
があります。

症状を引き起こす3つの要因

体の土台となる、足元のバランス不良

足グラグラ
全体重を2本の足で支えるため、足元のバランスが崩れると体のバランスを取るのが不安定になり、体のゆがみになる。その体を補正するために、足首も不安定になり様々な不調につながります。
 

体のゆがみ(姿勢のゆがみ)

体のゆがみ_コピー
姿勢が悪くなると、筋肉や血管に血流が起こらず循環不良になって不調につながります。
ゆがみが出た状態で生活を送ると、筋肉や関節にも負担がかかり痛みや不調の要因にもなります。

 

日常生活のくせ

足組んで座る女性_コピー
あなたが普段、生活している中で立つ・座る・歩く・寝るなど当たり前にやっている行動がクセとなり、長年体に定着しているために起こる不調もあります。
 

病院での一般的な対処法

月経前症候群(PMS)で病院に行くと一般的な対処法として
・低用量ピル
・漢方薬
・ビタミン剤
・抗不安剤・抗うつ剤

というものがあります。
ですが、飲み続けていいのかな、と不安になりますよね。

では、なぜあなたの月経前症候群(PMS)は改善しないのでしょうか?


月経前症候群(PMS)になる、本当の原因は
重心が崩れているからです。
日常生活の癖や内臓の疲労も関係しています。

当院が症状に対して行うアプローチ

重心調整&ゆがみ調整

足の調整
体の不調の原因は様々です。体の土台となる足元から行い、体のバランス機能を向上させ、体のゆがみや骨盤のゆがみ、内臓のゆがみを取り除き、動きにくくなった筋肉に再教育をかけるためにストレッチも行います。足裏には内臓の反射区もありますので、自律神経も整います。このように施術を行い、疲れないカラダ・動けるカラダを作ります。

鍼灸施術

1169637_s (2)
家事や仕事のストレス、パソコン使用などによる眼精疲労、肩こりや足の疲れ、こむら返りが改善されます。さらに、ツボに鍼灸治療を施すことで効果が期待できます。
凝り固まった筋肉を鍼で緩め、血流を促すためにお灸をします。お体の状態に応じて、硬くなりすぎた筋肉に電気を流す事もあります。
そのほかにも、西洋医学では原因が分からないとされる症状(不定愁訴)など、さまざまな症状にも自然治癒力を高めることにより健康な心身を取り戻すことで効果が得られます。

日常生活へのセルフケアアドバイス

ストレッチポール
日常生活での「身体のクセ」が一番影響することが多いと考えています。家でのストレッチやお灸でのケア方法・お家の環境作りなど、あなただけに合ったあなただけのケア方法や日常の過ごし方をお伝えします。

ブログ

・体のゆがみがあると・・・
オファー②
↑ここをクリックすると、ご予約できます!

月経前症候群(PMS)でお困りの方へ

ご予約から施術までの流れはこちらでご覧ください。

はりきゅう院 歩(あゆみ)
店舗名
はりきゅう院 歩(あゆみ)
電話番号
080-6620-7154
営業時間
平日 9:00〜20:00
土・日・祝 9:00~15:00
定休日
不定休

院情報&お悩み

モバイルサイト

はりきゅう院 歩(あゆみ)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら